自己紹介

はじめまして!笛田ちひろです。♪

★ 笛田ちひろ (笛田千裕ふえだ・ちひろ) まずはざっくりプロフィール ★

リコーダー奏者、演奏&講演会を各地で開催。東京・銀座でもコンサートしました。

人呼んでハイパーマルチタレント(自分じゃよう恥ずかしゅうて…^^;)。
リコーダー・アース・ブリッジ代表、リコーダー・レインボー・ブリッジ代表、
北九州市市民活動サポートセンター専門相談員、まわしよみ新聞編集長、ネイチャーゲームリーダー、
福岡ライオンズ女子会会長など様々な顔を持つ、というか、作ってきた?!

レトロFM夕焼けラジオクルーズ毎月第二土曜17時~生放送、

エアーステーションひびきラジオ松並木通信「ちひろの天気予想」毎週水曜17時~録音放送。
元市民記者。取材、記事執筆、かつてYahooニュースに掲載された経験も活かし、
「ニュースのソムリエ」としてメディアリテラシーに取り組む。
また、気象予報士受験の経験を活かし、ウェザーニュースの予報を編集する「プロジェクトicon」
メンバーとして天気予報ならぬ天気予想、気象情報を活用した防災教室、お天気教室も開催中。
様々なワークショップを展開していますので気軽にお問い合わせを。
新聞、テレビ、ラジオの取材や生出演、東京のラジオ局にも出演。北九州市役所で記者会見も。
自著は自費出版でこれまで2冊と、自作が2冊。この自作の2冊をいつか書店に並べたい。

 

*** ごあいさつ ***

はじめまして。笛田ちひろと申します。


 まだまだ若輩者ですが、5歳までの命、いじめ、ひきこもり、自殺未遂、目に見えない障害、LGBTと、一本の映画になるくらい、いろんなことがありました。


 本当は戸籍上の性別が死ぬほど嫌なので、書きたくもありませんが…私は生まれた時は男の子。しかし、それは私の中ではすでに一度死んだもの。女性として生きる決意をし、懸命に毎日を生きています。


 ここに書き連ねてるとすごく長い自己紹介になりそうですし、何より、リコーダー演奏と共に皆さんにじかに語りかけたいので、ここでは簡単に自己紹介させていただきます。


 私は福岡県北九州市に生まれました。3350グラム。どうかすると今よりまるまるしてたんじゃないかと思うほど、元気のいい赤ちゃんだったそうです。


 しかし、生後半年で重い病にかかります。「点頭てんかん」。てんかんの中でも特殊で難治のてんかんです。泣かない、笑わない、そして、暑い、寒いという人間だれもが持っている感覚すらない状態になりました。医師からは5歳までの命、もし生きられたとしても、暑い寒いもわからないまま一生を送る、そのどちらかと宣告されました。


 ところが4歳を目前にして急に発作が止まり、そこから成長が始まりました。6歳で私は小学校に入学します。ただ、後遺障害とでもいうのでしょうか、雷など音に過敏に反応して泣きわめく、足が遅くて運動会の足手まとい、トイレコントロールがままならず粗相する、そして、いじめが始まりました。中学校を出るまでの義務教育9年間、ずっといじめ、不登校を抱えた9年間でした。


 試験もろくに受けていなかったこともあり、私は進学をあきらめ、家業の建築の仕事を手伝いました。親元が一番安心、誰もがそう思っていました。しかし、パニック発作、身体がついていかず、ついには両親の離婚。私は仕事をやめ、家に引きこもるようになりました。


 出口の見えない日々。ついには、刃物を手に自殺を試みるまでに。その修羅場で、今でも忘れられない母の衝撃の一言に背中を押され(それがなんだったかはぜひ講演で)、そこから懸命にもがいてもがいて、その間には10年越しの高校進学、しかし一カ月で退学、3カ月の関東生活など、出発と挫折を繰り返し、リコーダー演奏と語りの活動を始めます。


 傍目には分かりにくい障害、そして、瞬間的に目が見えなくなるような症状に襲われ、何度か線路に転落しかけたり、性別への違和感でLGBTとむきあうようになり、障害とも上手に付き合いながら毎日を生きています。


 多くの人が出来て当たり前のことを私はできないかもしれない。戸籍上の性に抗い、望みの性で生きる。パニック発作もある。落ちこぼれという批判も随分頂戴しました。しかし、私にはできる事、私にしかできない事がきっとある。小3で習ってからずっと肌身離さずそばにいたリコーダーの演奏とともに私の生き方を語る。どうぞよろしくお願いします。